踊る豆畑

諸々の合間をみて、豆の草刈りをしています。

見よ、この楽しげな豆たちを!(笑)
IMG_20180711_122037'

ま、全部緑で分かりにくいですけど。
画面奥に向かって左に曲がり、さらに右に曲がっている豆の苗の列が見えるでしょうか。

もっとよく見ると合流してる列があったり、写真よりさらに左に刈り進んだところなんか逆に1m以上列の間がパッカーンと空いていたりします。

たぶん真面目な農家さんが見たら発狂します(笑)。
というか、たぶん畑だと認めてもらえない(笑)。

なんでこんなことになってるかというと、大ざっぱな豆の播き方してるからです。
草刈って耕しもせず、移植ゴテ1本で30cmの間隔だけ取りながら、移植ゴテの先で開けた穴に豆を放り込んでいきます。

毎年ひもくらいは張って播こうと思いつつ、「ひも、どこ?」→「ない。つくる?」→「いやー、すぐ終わるからいいや」
の結果がこれです。

でもさ、毎年ちゃんとできるんですよ。
商売で大量に作るなら、スペース大事だし、肥料ぶんのバランスもいいように均等に耕した畑に均等に苗植えるんでしょうけど。

草刈りしただけのところに直播するので、豆の背丈と草の背丈が同じくらい。ほどよいところで草刈って救出。なんでこんなに曲がっとんねん! ってツッコむのも毎年恒例になってきました(笑)。

でも今年はしみじみ、「あーやっぱこれこれ。私はこれでいいんだー」って。

ここ1カ月ほど、子どもがらみの行事などが続いて学校に出向いたり、いろんなやり取りをすること多々。基本、郷に入っては郷に従えと思っているので、分からないなりに学校社会に合わせようと動く日々が続いてました。大人だし。

でも↑こんな豆の作り方する人間なわけです。
曲がってんの楽しいじゃんって思うわけです。
個人プレーで非効率。
集団の和は大事にしたいし、人とうまくやっていきたいし、知らないことは知っておいたほうがいいと思うし、世間の常識とやらも知っておきたい。
でも、それとは全然違う価値観持ってる自分のことも好きだなぁと、曲がりくねった豆の列見て、しみじみ思ったのでした。

そう、好きなのね(笑)。
だったらそんな自分にも付き合ってあげるしかないなぁなんて、苦笑いしつつ思っているところです。
(でも子どものためには普通の母ちゃんでいてあげたいと思わなくもない。だから悩むのよね~。)

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中