よく見ることにしてみた

今年はひとつ、決めたことがありました。
せまくてもいいから丁寧に畑を作ること。

毎年、種まきしたのに芽が出ないとか、芽が出たのに、いつの間にか消えているとか、労力の無駄が多かったので、丁寧にお世話して、確実に収穫しようと思ったわけです。

特に家の前の畑。
まず、とにかく根菜が育たない。
そして、去年はおとうちゃんが植えずにほったらかしにしていたナスとトマトを植えたら、あっという間に虫にやられてボロボロになってしまった。

呪われた畑(笑)。

しかし家から近いので、そういう面での使い勝手は一番いい畑。
何が起きているのか、徹底的に観察することにしました。

そしたら。
わんさかわんさか小さなイモムシがやってきて、にが~いはずのゴボウやニンジンの芽を寄ってたかって食べていました。本当に不気味なくらいたくさん。(これ全部、蛾になるのか?)

調べてみたらヨトウムシ(夜盗虫)の一種らしく。でも、夜よりむしろ昼間に活動しているもよう。
地味にコーヒーかすから唐辛子やら酢やら(酢って特定農薬に指定されているそうです。無農薬じゃなくなったか…)試してみたものの、ほんの一時しか効果はなく。

さらに調べてみると、水はけが悪いと害虫が発生しやすいらしいとのことで、ウン年ぶりにもみ殻燻炭を作成。土に混ぜることにしました。(もみ殻燻炭はアルカリ性なので、混ぜすぎには注意)
すでにニンジンが育っているところは耕せないので、ニンジンを囲むようにぐるっと置いてみました。

carrot

そしたら例のヨトウムシ? が寄りつかなくなりました!
全然ではないので毎朝パトロールを続けています。
苦節ウン十日。その間にたくさんあったニンジンは5、6本になってしまいましたが(涙)。

それでも。
虫にやられるのを見ているしかなかった以前にくらべれは、方法が見つかったのは大きな進歩。
来年はもっと混ぜ込んで、通気性の改善を図りたいなと思います。
植え替えてもあっという間に食べられてしまっていたバジルも、この方法で今のところ無事です。

地味だけど必要なことする。
結果が出るまでに時間がかかっても、地道に続ける。
今年、大切にしたいと思っていることです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中