酵母のお話つきパンランチの会を開きました。

6日、ゆう工房さんにて予約制のパンランチを出させていただきました。
酵母や発酵のお話をしながら、鋳物フライパンでパンをトーストして、次々と焼き立てを食べていただきました。

yukobo1805

初めての試みでしたが、ゆう工房さんの自然食ランチの常連さんも多く、温かい雰囲気の中での開催でした。
自家製酵母パンが初めてという方も多かったので、パンは蒸し焼きにしてもっちり柔らかいものを召し上がっていただきました。食べるスピードに焼きが追いつかなかったりと反省点はいろいろありますが、参加者さんのぬか床の利用方法など発酵話を聞いたり、私自身楽しく過ごすことができました。
ゆう工房のお客さんは好奇心旺盛で、初めて同士でも垣根なくお話しできる方が多いように思います。1人で来ても楽しくおしゃべりされていかれる方がたくさんいらっしゃいます。

菌の種類による発酵や分解過程の違いという私のマニアックな話はあまり出番がなかったのですが(笑)、そんな話も例を交えて身近な話に落とし込めたらいいなと、新たな課題もできました。

なんとかやりきって、写真のことなどすっかり忘れていて(そもそも焼きながら食べていただいたので完成写真はない)、でも集中できたのでよかった、満足…と思っていたら、参加者の一人、まめともちゃんが写真を撮ってくれていたので、お借りしました。

31154136_239229913299668_1189590372011999232_n-s
まめともちゃん
は菜食やお菓子作りの仕事を経て現在、好奇心旺盛な男子の子育て中。酵母パンも作っているので、酵母のお話もできて楽しかったです。終了後は、小峰城までお散歩に行くというまめともちゃんファミリーに、娘もまぜてもらってお出かけ。お姉さんのまねっこができて娘は大満足、私も後片付けがはかどって、とっても助かりました。
小峰城はゆう工房からお散歩圏内で、天守閣にも無料で登れるんだそうです♪

この日のお品書き。

・ライ麦蒸し焼きパン
・かみしめアラブパン
・えごまのバトン(湯種)
・どっしりカンパーニュ
・フーガス
・大人のチョコパン
それぞれひと口ずつ。

・大根のポタージュ、玉ねぎ酵母使用
・ザワークラウト、マッシュポテト添え
・小豆のフムス
・豆腐と蕪の甘酒漬
・豆乳ヨーグルト(お米のとぎ汁発酵)、クルミとレーズン入り

ここにゆうさんのコーヒー(タイ山岳民族のコーヒーと白河玄豆屋さんのコーヒー)or 庭のハーブティーが付きました。

普段パンとお味噌ぐらいしか作らないので、他の発酵食づくりは新鮮でした(笑)。
でも環境を整えて、あとは菌におまかせという基本は同じ。
今回協力してくれた菌たちは、酵母菌と乳酸菌と麹菌。
特に乳酸菌は冷蔵庫でも発酵が進むので、豆乳ヨーグルトのタイミングが難しかったです。
味もお豆腐のようではつまらないので、ヨーグルトらしさを出すためにひとひねり。
よく作っている方がいるので簡単だと思ってました!ああ、ごめんなさい…。

終了後には那須のチーズ屋さん(カチョカバロは、もはやゆう工房名物かも)も納品に現れて、これまたいろいろな菌の活躍ぶりを拝見。その後もツツジのお客さんやコーヒーの常連さんが入れ替わり立ち代わり現れて、盛りだくさんの一日でした。

次は16日のつながるしぇ、20日のほとりのマルシェの出店です。
お出かけには絶好の季節、またどこかでお会いしましょう♪

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中