続ける

最近、“続けること”についてよく考えています。
近頃の福島は元気で面白い人がたくさん増えたと感じているけれど、それは何年もの積み重ねが、ようやくほんの少し芽を出したものなのかもしれません。まだまだ止まっているようにしか見えない人もものもたくさんあるけれど、数ミリだって、数ミクロンだって動かないはずはないから、いつかちゃんと芽を出すのだと思っています。

doumo
3.11以前は地域通貨の会報だったこの通信は、2011年の夏に復活して、山形、広島、岡山に移り住んだメンバーと、福島に残ったメンバーの手によって今も続けられています。いろいろな人のいろいろな声をつないでくれている会報。みんなの何気ない日常も伝えてくれます。

文中に出てくる鶴見さんは2011年の4月に双葉町から成田市に避難して農業を再開しました。3.11以前はオーガニック系宅配数社と取引されていた、おとうちゃんの師匠です。大阪のおっちゃんこと明瀬さんがあれこれプロデュースしてるので、「こだわり農園」の名前を聞いたらのぞいてみてください。豊富な経験と好奇心と行動力をあわせ持つ農家さんです。

同じく文中の樋口家は伊達市霊山町で土日に茶屋「風知草」を開いています。川俣町の駒桜から県道51号線をのぼっていった峠のてっぺんにあり、挽ぐるみの十割そばやお餅を食べることができます。古民家をハーフビルドどころか4/5ビルドぐらいしてお店兼自宅にしています。店主がようしゃべります(笑)。そしてだいだいみんなファンになります。

そして最後に。
「おとうさんがいちばんカッコイイ」を娘にあらためて確認したところ、いつのまにか5番目になっていました。謹んで訂正させていただきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中