あんずといちじくのこと

あんずといちじく。

秋の終わりからちょっと浮気しておりました。
結果、古巣に戻ってまいりました!

anzuitidiku

アリサンのフンザ産アプリコットと、黒いちじく・ブラックミッション。

最近はオーガニックの原料を扱うところも増えてきているので、出荷の減る冬のあいだにあれこれ試していました。特にナッツやドライフルーツは一部価格高騰が激しいものもあり、原料を見直すのか、いっそ製造をやめるのかいろいろ悩むところなのです。もちろん原料価格の高騰が生産者の収入に結びつくのなら、安いほうがいいとばかりは言っていられないのですが、パンも日常食である以上、高すぎるのは違和感があります。

そんなこんなであんずはトルコ産やアメリカ産を試したり、いちじくは巷で人気の白いちじくを試してみたりしたのですが。

甘い。

カンパーニュには甘すぎるのです、どれも。というわけで、フンザ産アプリコットとブラックミッションに戻ってきました。

フンザ産アプリコットは、すっぱいです。甘さはどこに?と思うくらい、すっぱい。ほかのあんずが寝ぼけた味に感じるくらい、すっぱい。余談ですが、フンザはあの『風の谷のナウシカ』の風の谷のモデルになったとも噂されるくらい(真相はわかりません)、うつくしい渓谷なんだそうです。すっぱいワイルドなアプリコットが似合いそうな気がします。そしてこの酸味、ペカンナッツと一緒になるとなんともちょうどよく中和されます。すっぱいのが苦手な私ですが、この組み合わせは大好きです。

そしてブラックミッション。白いちじくはパンにまぜると、「なにか甘くてつぶつぶしたもの」という風情ですが、ブラックミッションは「あ、いちじく」っていう、それくらい違います(笑)。よく「いちじくとくるみ」のパンがありますが、いちじく単体でおいしいパンになります。

そんなわけで、カンパーニュにはこちらの個性豊かな面々が復活しました。(白いちじくや甘いアプリコットも、カンパーニュ以外で登場することはあるかもしれません。)

甘いものも適材適所ですが、おいしい=甘いばっかりになってしまうと、やっぱりちょっとつまんないと思うのです。
人間と、一緒~♪

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中