着せ替え人形をつくってみました

先月リカちゃん人形の話を書いたら、「こんなふうにして遊んだ!」という話で盛り上がりました。なんでも自由には買えない子どもの頃の話なので、みんないろいろ家にあるものを工夫して遊んでいた様子。その工夫が今となっては楽しいのよね~。
そんななかで結構多かったのが、リカちゃんを買ってもらえなかった!という話。それでも子どもってちゃんと自分で何とかするもので、「紙で作って遊んだ」という人がほとんど。

あー、作った、それ!
なつかしい~。
小学校時代、暇があれば女の子の絵をかいて洋服とか髪型とか妄想をふくらませていたので(あれ?今は?)、着せ替えも、もちろん作っていました(リカちゃんもなかったし)。
絵なら布で作るほどハードルが高くないし、かなり自由に作れるから楽しかった!
どうやって紙の人形に服やらアクセサリーやらバッグやらをつけるか考える工作的楽しみも、なんか燃えた理由なんでしょうね。

というわけで娘に熱く勧めてみたら、「いいねぇ!」と乗り気にはなったのですが、着せ替えに適した人形を描くのが意外に進まず、挫折。
(髪がやたら長かったり、腕が細かったり、うまく切り取れない。)

ええと、あーそうじゃなくて…えーとっ。

で、お手本を作りました(パンツは娘が塗りました。ロールパンナちゃん風?)。
kisekae3

装着!
kisekae2

おおっ。カチューシャもなんとか刺さったし、いいんじゃない?
ちょっと雑だけど、制作時間10分にしてはいいんじゃないか?

え? 盛り上がってるのは私のほうですか?

じゃあ娘好みの服も作るかね。ノースリーブ寒そうだし(外は氷点下)。
kisekae4

どうよ?黒にピンクとか今っぽいでしょ? ギャルっぽいでしょ? がんばったわよ?

とかなんとかやってたら、要領をつかんだ娘。
kisekae5

そうそう、バッグもね、手に通すのよね。
それにしても一気に大人になった…。小学生ぐらいの設定だったんだけどな?

で、最終的にこうなりました。
kisekae1

お洋服屋さん。
ディスプレイ棚をつくり、レジ(とお金)をつくり、平棚にはバッグとアクセサリー。
(店員はリカちゃん。)

おおー。
なんか母、感動。

という親バカ日記でした。

のっぽさんバンザイ♪
わくわくさんバンザイ♪
工作最高!
頭の中をかき集めてしぼり出せ~♪
子供も大人も♪

 

そして今、「誕生日にリカちゃんハウスを買ってあげようか」と言うおとうちゃんともめてるわけです(笑)。
出来合いすぎてつまんないと思うんだけどなー。
どうなんだろう??

2年前にも同じことでもめてる(笑)。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中