りんごのカンパーニュ始まります。

先日、材料の仕入れに船引・三春方面に行ってきました。

apple17
大河原さんのりんご、サンふじ。
今年は粒が大きいです。
オーブンの低温で乾燥させて、次の週末から❝りんごの贅沢カンパーニュ❞が始まります。
甘みのしっかりしたサンふじを乾燥させて使うので、うまみがぎゅっと詰まっています。1つのパンにりんご約1個分使います。なので“贅沢”カンパーニュ。お砂糖なしでりんごの甘みを堪能できます。

正直なところ、この乾燥が大変なので毎年来年は減らそう!と思うのに、また買ってしまった…という、とても悩ましいパン(笑)。乾燥器があればいいのかもしれませんが、オーブンなのでこまめに見てあげないといけないのです。
でも、乾燥りんご、家庭用ならスライスしたのを竹串にさしてぶら下げて、風通しのいいところにおくだけでできるので、ぜひお試しを。これだけでおいしいです!そうそう、りんごの塩煮もおすすめ。りんごを塩水にくぐらせて煮るだけで、ジャム替わりやアップルパイに使えます。もちろんお砂糖なし。というかお砂糖代わりに使えるくらいに甘いです!ポイントは甘い品種を使うこと。といっても難しいことではなく、ポピュラーなふじ(サンふじ)がいちばんおいしくできます。

というわけで大河原さんの減農薬のサンふじ、おすすめです。
ちなみに大河原家が運営する直売所兼カフェ「えすぺり」ではドイツ式のアップルパイも食べられます。薄く伸ばした生地を、溶かしバターを塗りながらくるくる巻いたロール型。ドイツってパンもお菓子もぎっしりしてて好みです。りんごを買いに行ったらアップルパイも食べたくなること必至(←食べた人)。そして中通りでは唯一会津の食工房のクッキーやスコーンを買えるのもえすぺりですよ♪(←買った人)

そうそう、Banyan Bakeryのりんごの贅沢カンパーニュは土日の道の駅ひらた、または通信販売でお買い求めくださいませ。
えごまの会でえごま(もちろん無農薬)も仕入れてきたのでえごまのパンもたくさんつくれます!(今年はえごまづくりに失敗したので、しばらくお世話になります。あんなに手間のかかるえごまをお金でかえちゃう誘惑(笑)。)

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中