布ナプキンのこと

相変わらずストレートな表現で恐縮ですが、生理(月経)の話です。
不快な方がいらっしゃったらごめんなさい。

先日のイベント出店時のこと。
準備も終わってさあ開店、の前にトイレに行ったら予定より早く(正確には来てもおかしくないけどまだ来ないだろうという根拠のない思い込み)、生理が来ました。
来ると思っていないからナプキンの用意もなし。

我がやさしき夫は「買ってこようか?」と申し出てくれましたが、できれば普通のナプキン(いわゆるケミナプ=ケミカルナプキン)はあんまり買いたくないし(普段使わないので緊急時に買うと余ってしまう)、とりあえず何とかなるかもと断って、そのかわりトイレに行くときに店番変わってね、と伝えておきました。

我がやさしき夫はその間、娘と観覧車に乗ったり、コーヒー飲み比べをしてみたり、カレーが食べたいピザが食べたいと外に出店していたキッチンカーに出かけて行ったり、娘とけん玉しに行ったり、はては観覧車でお買物券をもらったからと隣のショッピングモールまで出かけて行ったり。

要するに頼みたいタイミングであんまり店番を頼めなかったわけですが。
でも夕方帰宅するまで何とかなったのです。
行けるときにトイレで出して、あとは畳んだトイレットペーパーだけで。
(あぁ品のない表現ですみません。なんか上品な表現ができないものでしょうか…。)

布ナプキンに変えてから、市販ナプキンのような驚きの瞬間吸収は望めないので、自然とトイレで出す習慣がついていたのがよかったのかも。
(歳のせいで量が減ったんだろうと思わなくもないけど。)

そんな私が行き着いた布ナプキンは、これ。
nap

自分でつくったもの。
娘用におむつカバーをつくったら透湿防水シートが大量に余ったので作ってみたのがはじまり。
(でもその時点で何枚か布ナプキンを持っていたので、結局自分で使ってる自作のは1枚だけだったりします。)

ハンカチタイプも洗って干すことを考えると便利なのですが。
ボーっとして生理中なことも忘れたりする私なので、ハンカチタイプを使っていたころは何度もトイレで落としました。
極めつけに汲み取りトイレ(当時住んでいた家の)に落として、釣り針で釣り上げたときに決心しました。
「ナプキンはスナップ式にしよう。」

※汲み取りトイレにナプキンを捨てると汲み取りの時ホースに詰まります。昔バキュームカーに乗っていたという方が、「女子校のトイレはひどい。おばあさんの一人暮らしの家が一番きれいだ。」とおっしゃっていました。

そんなわけで、落とさなくて、もれなくて、肌にもやさしくて、かわいい柄で気分も上がるナプキンを作るに至りました。
透湿防水布が入っていて、肌に当たる部分はコットンネル。

で、しばらく売ったりもしていたのですが。
これ、自分の好きな布で作れたらもっと楽しいんじゃないかしら?
というわけでワークショップができたらいいなと思っています。

土台の部分はこちらでつくっておいて、当日は柄部分用に好きな布を持ってきてもらってチクチク縫い合わせてスナップをつけるだけのワークショップ。

材料発注の都合があるので、4名以上の希望者が集まればやりたいなと思います。
料金は2500円くらい。(+300円くらいで柄部分も用意可。)
ウチはまだ建設中なので出張スタイルで。

おおざっぱでなんですが、希望があればお声かけください♪

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中