認定心理士になりました。

年末すべり込みで届いた、認定心理士認定証。
shinrishi

なんか高そうなカバーつけるくらいなら認定料下げてほしいわ~。というのはさておき、去年の秋から約1年続けた心理学の勉強のひと区切り。もちろん、日々最新の知見が出てくるし、知れば知るほどもっと知りたいことも出てくるわけで、これで終わりというわけではありません。

大人になってからの心理学の勉強というとカウンセリングのイメージがあるかもしれませんが、私が勉強してきたのはもう少し「何でそうなるよ?」という人間の行動理由にまつわる話や行動傾向の話です。人が世界を認識する仕組みとか、年齢別にどう変わっていくのかとか、一定の条件下で人が取りやすい行動とか(カウンセリングの基礎的な話もあります)。

私の場合、「自分のことをもっと知りたい」の先にあったものが心理学で、自分っていったい何なのか、なんでそんな行動をとるのか、なぜ思い通りに動けないのか、自分の人生に納得するための手段でした。
その過程を目に見えるかたちにしたのが認定心理士という資格なのです、私にとって。
(じゃあ具体的にどう動くよ?の部分を補うのがブレインジムやブレインジムの考え方だったり、ほかの心理療法だったりします。)

心理学ってどんなイメージをもたれているのかな?と思うのですが、心のいろいろをできるだけ「科学的」に分析して応用のきく理論にしようとしているのが心理学です。
そして、そういう積み重ねの上に「それらしいこと」を知識として役立てることができるのはありがたいなと思います。で、研究者ではない私は、そのありがたい積み重ねを現実に照らし合わせて「こういうことかな?」「こういう可能性もある?」と手探りしてみる毎日。少しずつ見えてきたものが、自分をちょっと俯瞰で見て受け入れる役に立っています。
(とはいえ、突き詰めるとその先は学問には収まりきらない世界のような気がします。かのユングさんだって後年は絵をかいたり曼荼羅かいたり田舎に引っ込んで石塔をつくったりという世界に踏み込んでいます。)

ずいぶん遠回りしてきたけれど、わかってみれば面白いわ~という言葉にしかならない。
そしてまだまだわからないこともたくさん。
これからも何か気づくたびに結局は「面白い」ってつぶやきそうです。

来年は、心理学やブレインジムに私なりの面白いをプラスして、楽しいことを増やせたらいいな、と思っています。
たくさんの人が自分の個性にOKを出してるような世界が見たい。
だってそのほうが楽しいし、楽だもの、私が(笑)。

certifications
こちらは放送大学の分野別履修認証状。心理学とカウンセリング(臨床心理)の基礎を勉強しました、というもの。
金縁の証書なんて興味なかったのに今年は3つ。私こんな人です、っていう説明書がわり。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中