シュールなのが、好き

娘がこども園で借りてきた絵本が、ぶっ飛んでいて。
niwatorito-1
にわとりこっことソーセージ 』篠崎 三朗

おんどりとめんどりとソーセージとおじいさんとおばあさんが仲良く暮らしていたら、ある日にわとりたちが売られることになり、それを聞いたソーセージが2羽に知らせて2羽と1本で逃げ出す、という話。
最初から最後までソーセージはふつうに暮らしていて、むしろ食べられそうになるのはにわとりたち。
しかも創作ではなく、フランス民話が元になっているという…。

そしてシュールな話なのに絵がカラフルでレベルが高いのだ。
niwatorito-2
niwatorito-3

この絵と内容のギャップがまた素敵。
いいお話に出会いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中